「高血圧」に神経質

「高血圧」に神経質になっているのが、心臓ペースメーカーを入れている、私の母親です。


今65歳なのですが、年々血圧が高くなっていくのを気にしているのです。


母は、あるメンタルクリニックにかかっており、そこで毎回血圧を測っては、先生に相談しています。


今は、130ちょっとと安全値なのですが、前より高くなっているので、気にしています。


ですが、クリニックの先生には「歳と共に血圧は上がるし、その数値ならまだ大丈夫」と言われているそうです。


ところが今年、65歳以上の高齢者向けの肺炎予防接種を受けるために、ペースメーカーの事もあり、近所の開業医の所に相談に行きました。


するとそこでは、「今以上血圧が高くなったら、薬を飲まなくてはならなくなる」と言われたそうなんです。


先程も言ったように、血圧の薬は飲み出したら、やめる事はできません。


母は荒木式高血圧克服プログラムを買い、毎日朝晩、血圧を計るようにしました。


食事も塩分が多いわけでもなく、そんなに油っこいメニューばかりではないので、大丈夫だとは思います。


でも、65歳になると「高齢者」と呼ばれるため、母は自分の体調にひどく神経質になったのも事実です。


果して、一体どちらの医師の言う事が正しいのか、それさえ分かれば、母も大分気が楽になるんでしょうけどねぇ…。