介護士さんとお医者さん。大きく異なっ

介護士さんとお医者さん。

大きく異なっている点があります。

明らかな違いといえば、医師がすべきことは患者さんの診察を行い、そしてそれに沿って治療を行うということや、健康を維持するためのアドバイスをしたり適切な薬を出すことが主な業務とされます。

その一方、介護士さんの行うことはといえば、必要に応じて医師が出す指示の通りに、医師が行う診療の補助を行い、患者さんのケアをするということが中心です。

介護士個人の都合などによって、常勤や派遣といったように働き方を選べたりもしますが、結局、大多数の介護士は介護施設で働いております。

介護士といえば介護施設で働くもの、というイメージがありますが他でも、いくつも介護士の手を必要としている職場はあり、具体的には、大きな企業内にある医務室、保育園の保健室、あるいは介護施設や市の保健センターなどになります。

こうした職場で介護士として腕を振るう人も増えていて、競争率の高いところもあるようです。

必ずしも介護施設でなくとも働く場所も多いですから、結婚や出産をした、子育てが終わったなど、ライフステージの変化に合わせるようにして転職し、仕事をしやすいようにすることも可能なのです。

介護士が外科に勤務する時のいいこと、良くないことも含め、どういったことが起こりうるのか、分かっておく必要があります。

これから手術を受ける患者や術後の患者の看護を実践することで、とても勉強になります。

良くない面を挙げると、対応しなければならない患者が短期間のうちに変わっていくので、長い間落ち着いて患者のケアを行えないことが挙げられます。

今、日本ではEPA(経済連携協定)という経済関係を強化するための取り決めに基づいて、インドネシアやフィリピン、ベトナムからの外国人介護士候補生という方々を受け入れています。

けれども、日本語で出題される介護士の国家試験にもしも、3年以内に介護士になれなければ自国に帰らなければならないのです。

就労中に日本語を学び、また、国家試験に受かるために勉強をしないといけませんから、大変シビアであるようです。

介護施設では普通、介護士が注射や採血を行います。

好んで注射や採血をしてもらうような人はそうそう多くいるとは思えませんが、どうしても打たれなければならないなら、痛くないよう、上手に打ってくれる介護士にしてもらいたいのが人情でしょう。

ですが、痛みを感じるかは介護士の腕によるところもあって、注射が得意な人と不得意な人がいますから、場合によっては下手な介護士に処置されることもあるでしょう。

これは運でしかありませんから、上手な人に処置してもらえれば幸運と思うくらいがいいかもしれないです。


山口県下関市 福江駅 介護事務求人