2度目の一人カラオケ

人生で2度目の一人カラオケをこの前した。

1人ご飯や、1人買い物はしょっちゅうあるけれど、カラオケは勇気がいる。

前に行ったときは25歳くらいで恐る恐る行ったが、よい思い出がない。


最近、地元のカラオケで静かに1人カラオケを楽しんだ。

2時間も1人で歌うとすごくストレスも解消されてすっきりする。

仲間とカラオケにも行くけれど、気を使って歌う曲を選んでしまう。

でも、1人だと気にすることなく自由に選ぶことができる。

だから、気持ちがスッキリするのだと思う。

さらに連続し得曲を入れて、ずっと1人で歌うので歌うことに集中してしまうからエネルギーも使うのだろう。


福祉のお仕事をしていると友人ともなかなか時間が合わなかったりするんですよね。


今となっては1人でカラオケに行くことに恥ずかしさはないので、これからも歌うことを楽しみたい。

恐怖のダニ

昔、枕を干していたとき、ふと何かの気配がしたので、表面をよく見てみると、ダニがピョンピョンしていたのを見たことがあります。


中身がソバ殻の枕で、普段はあまり使われずに押入れに片付けられていたものでした。


私はアレルギーとかはないので全然大丈夫だったのですが、当時はまだ彼氏だった旦那が布団を使うと、鼻が詰まったり肌が荒れたりと大変そうでした。


理由がわかっていなかったので、布団に一生懸命掃除機をかけたりしていたのですが、原因は枕だったんですよね。


その表面のピョンピョンは、いまだにトラウマです。

あんなの見たら、誰だってトラウマになると思いますよ。


思い出すだけで痒くなります。

今の枕や布団は大丈夫だと思っても、なんとなく嫌な気持ちになります。


あんな気持ちの悪い枕を使わせてごめんね、旦那…

倒産・廃業の影響は、どこかに仕事が流れる

既に、先鋒は動き出しています。


A4チラシ4c/0c100枚 2000円
オフセットではありません。

オンデマンドでの戦略価格です。


数を集めないとやっていけません。


宣伝をバンバンかけて「零細印刷業」の受け持っていた
フライヤーの顧客に移動を促しています。


それと、1色2色の簡易印刷のフライヤーは、リソグラフなど
孔版印刷機が、企業に入りこのチラシの分野も進化しています。


チラシ専門の家内工業が多いのです。

零細企業です。


コスト競争の中で、零細業者が採算あわずに撤退となるのは、
どんな業種も同じです。


縮小するパイでは、誰かが倒れるのを待つ持久戦も効果があるようだ。


倒産・廃業の影響は、どこかに仕事が流れる。


■デジタル+印刷+営業の未来を拓く。


デジタル学習の登竜門を御覧ください
エクセルからDTPそしてプログラム・WEBで系と、デジタルの基礎が網羅されています。


印刷+DTP+WEB+プログラム+動画+SEO+バリアブル
これが、デジタル印刷営業のテリトリーです。

IGAS2007でリコーとIBMが連携して、この分野への新規提案

IGAS2007でリコーとIBMが連携して、この分野への新規提案を
しています。


ロール紙で507mm幅、
分速60mm=A4換算862枚両面
ゼロックスが分速135枚とかいっているスピードではない。


分速862枚のスピードです。


ロールを巻き取っているそばで見ても、読めない。


バリアブルの化け物です。


IBMのブレードサーバーを16台構成で展示
RIPの分散処理
高速インクジェットで、カラー(色は、違いがわかる程度)
ぜひ、見に行ってきてください。


2014年になって、JCBの旅のパンフ・チラシで
DMとして送られてきたもので、この設備で作った
ものと思われる色使いです。

ようやく動き出したのか
というのが、感想です
デジタル+印刷+営業の未来を拓く。


デジタル学習の登竜門を御覧ください
エクセルからDTPそしてプログラム・WEBで系と、デジタルの基礎が網羅されています。


印刷+DTP+WEB+プログラム+動画+SEO+バリアブル
これが、デジタル印刷営業のテリトリーです。

ユニバーサルスタジオジャパンのハリーポッターアトラクション

もうまもなくオープンになる、ユニバーサルスタジオジャパン内のハリーポッターのアトラクション。


原作も読んで、映画を全シリーズ見て、準備万端でとても待ち遠しい日々を過ごしていました。


映画のような風景で、期待度もかなり高いそうな。


そりゃ~あの映画の中の食べ物や建物があると思うとドキドキしますよね。


映画の中で食べているお菓子や飲み物、さらに杖なども販売されているようです。


ポッターがいつも食べているグミがすごく気になってます。


あとは、ノンアルコールのビールですね!
子供も飲めるビールなので、親子連れも楽しめます。


魔法で動いている映画の中のものたちも登場して、実際に動いているのを見たりもできます。


オープンまでもうまもなく。


遠くてすぐにいけないのは残念ですが、今年中には絶対に行きたいな~
⇒ 大阪の仕事

生まれ曜日別*~ダ・ヴィンチ・タロットのメッセージ~*

ダン・ブラウンの「ダヴィンチ・コード」が映画化された頃に買ったタロット・カードです。


正位置逆位置の意味はありますが、「教えてほしい」と「魂のコード」の解説が素敵なのでその部分を御紹介しますね。

ワンオラクルで生まれ曜日人です。


生まれ曜日が分かっているかた、見ていって下さいね日曜日生まれ <謎>モナ・リザの初期の習作[教えてほしい]魂の書に書かれている智恵とはなんなのだろう?この問題にその智恵を働かせるにはどうするべきか?[魂のコード]魂の運命とは解読すべき謎であり、それを読みとるためには理性ではなく、直感をはたらかせなければなりません。


魂とは、夢や静寂の中で開かれる神秘の領域なのです。

神秘はひそかにはぐぐみ、理解出来ない人の前ではだまっていましょう。


【PR】
金運アップ 風水

本気でダイエット

学生の頃から色んなダイエットにチャレンジしてきましたが、
どれも中途半端に終わってしまっていました。

飽きてしまうのですよね。


どれも3日と続かなかったです。

特に運動系は続きませんでしたね。


ジョギングとか本当に早く終わってしまいました。


でも若いしまだ簡単に痩せられるからいいや、と思っていたのですが、
そろそろ本気でダイエットをしなければならないと思い始めています。


ズボンは履くと苦しくなってしまいましたし、
トップスもギリギリになってきているものが多いので、
頑張ってダイエットしようと思います。


冬の時期はいいけど、夏はごまかしが効かなくなってしまいますからね。


運動も大事になってきますが、
まずは食事が大切だと思うので、食事制限から始めます。


私はお米が大好きなのですが、このお米を頑張って控えていこうと考えています。


それでおかずでお腹をいっぱいにしていこうと思います。


まず参考にするのは ボディスタ 大澤美樹ダイエット
野菜を取りながら、タンパク質もたくさん摂るように心がけていきます。


それで前の状態まででなくても、それに近いくらい戻ってくれれば万々歳です。

ビジネスモデル モーニングコーヒという習慣 とデジタル印刷営業

40年以上前です。


四国の喫茶店が、「モーニングセット」と称して、午前中のコーヒの売上策
として、トースト、ゆで卵、サラダなどを付けて、販売したことが初めだそ
うだ。

コーヒという飲み物が、贅沢だった時代です。

四国喫茶店の女店主は、
チェーン展開して、30店舗の社長となり、一代を築いた。

時代は下り、2005年の状況は、喫茶店のモーニングサービスは、
あたりまえ。

それでは、勝負になりません。


名古屋あたりでは、ただでモーニングコーヒに何が付くかが競争です。


大阪では、モーニングをやめました。


トースト10円、ゆでたまご10円、サラダ10円だそうです。


コーヒの代金は、変えずに「10円サービス」で勝負の時代です。

ここに、ビジネスモデルのエキスが見え隠れしています。


前の時代のモデルを、変えるのです。


デジタル学習の登竜門も御覧ください
それも、少し。

顧客(消費者、最終ユーザ)は、大幅な変化には、ついて
こないが、じわりじわりと、少しずつの変化がないと「あきられる」。

ふなっしーおじさん

先日、スーパーでレジを済ませて帰ろうとしたとき、ふなっしーをカバンにじゃらじゃらとたくさんつけているおじさんが前を歩いていました。


ふなっしーが好きな長女が「ふなっしーがいっぱいいる!」と言うと、そのおじさんが振り返り、「そうなっしよ、ふなっしーなっしー」とふなっしー声で娘に話しかけてきたのです。


結構、その声がふなっしーに似ていたのですが、娘は、まさかおじさんが振り返って話しかけてくるとは思っていなかったので、反応しきれず硬直。


私も、似てると頭では思いつつ、突然の事に声が出ませんでした。


おじさんはそのまま前を向いて、何事もなかったかのように歩いて行ってしまいました。


「なんか、すごかったね・・・。

」と娘に行って、私たちも帰路についたのでした。

世の中には、いろんな人がいますね・・・。

幸福というものは現実には存在しない!?

幸福というものは現実には存在していません。


概念のひとつなので形而上の世界に存在しています。


だからこそ、我々はその幸せというものを追い求め、手に入れた気にさえなり、また手に入らず嘆き、まったく手に入らないと泣き喚くわけです。


そのような概念に左右される我々の感情というものはなんなのでしょうか?
そのヒントこそ、幸せにあるのです。


我々は、それこそとても不思議な存在であり、不思議な感覚のなかにいます。


このような稀有な感覚のなかに身を置かせてくれる幸福というきっかけこそ偉大であると言えます。


だから、我々は求めてしまうのです。


幸せを求めてもがくことは、このようなトートロジー的なジレンマのなかにあるのです。