ラウンジ

最近ホテルへ泊まると夕食のあとにラウンジに行くようになりました。


夫婦でゆっくり語り合いながらお酒を飲んでいます。


同じホテルへ泊まるのでホテルのラウンジが終了になるまでいることが多いです。


食事の時にはビールや日本酒やワインですが、
ラウンジだと水割りやカクテルが多いです。


ちょっとしたおつまみを出してくれる場合もあります。


一回泊まったところでラウンジが終わる間際に
「まだ飲み足りないでしょう。

これをどうぞ」とミニボトルをプレゼントして
いただいたことがあります。


部屋へ帰ってさっそく水割りにして飲みました。


酔っぱらわない私とすぐに酔ってしまう主人です。


もう部屋なのでほおっておきました。


主人が喜んでまた行こうと言っています。

機械戦士ガンダム展が待ち遠しい。

『機動戦士ガンダム展』が、大阪と東京で開催されるそうですね。


原画がなんと約1000点がそのガンダム展で展示されるみたいです。


1000点って、1日で見ることが出来る数じゃないよね。


ガンダムファンにはたまらない展示会になるだろうね。


でも、難点がひとつあるんだなぁ。


開催日が、2015年の7月だって・・・・
今年は2014年でしょ。


一年以上も先の話じゃないですか。


それを聞いて、ちょっとガッカリしちゃいました。


来年のガンガム展まで、【ガンプラ】ガンダムプラモデルのレビュー口コミまとめなどを見ながら、気長に待ってみるつもりです。


それにしても、ガンダムってなんであんなに人を惹きつけるだろう・・・
子供の頃、リアルでアニメで見ていて、夢にまで、ガンダムが出てきたし、
ガンプラなんかは、20体は作ってるからね。


ここまでいくと、かなり重症なのかな?

かかとのひび割れクリームの色々情報

かかとのひび割れにはクリームを使いますよね。


尿素クリームはタンパク質を柔らかくするので、
かかとのような皮膚が硬くなるのが原因の症状では大活躍します。


ですが使い過ぎには注意しましょう。


どんな薬も使い過ぎれば毒になるように、
尿素クリームもかかとのひび割れに使い過ぎると、
毒になることがあります。


例えば尿素クリームのたんぱくしつを柔らかくする効果は、
使い過ぎると未熟な肌を作る結果となってしまいます。


このことについては、
かかとのひび割れクリームについて書いたブログを見るのが一番でしょう。


更に色々な問題も出てくるので、
クリームだけに頼らない方が良いかもしれませんね。


色々と情報を集めて、
アナタにふさわしい方法をチョイスしましょう。

引越し好きの私。

私は、転勤族の親元に生まれました。


そのため、二年に一度、早い時には一年でお引っ越し…
なんてこともありました。


そんな生活を就職するまでしていたので、お引っ越しは当たり前。


ずっと同じ家に住むなんて、つまらないとさえ思っていました。


なので、結婚した相手も当然のように転勤族です。


結婚前は自分でお引っ越しの手配等していたであろう夫さえも、今は完全に私に丸投げです。


お引っ越しをするにあたっては、一事が万事段取りです。


見積もりは必ず数社来てもらい、値引き額や当日スタッフが何人か、
オプションを付けずにどこまでやってくれるのか、詳しく検討します。


最近では、全ておまかせにしても良心的金額で、動きや対応もいい業者さんが増えてきました。


今年あたり、またお引っ越しがありそうな我が家なので、今からワクワクしています。


【PR】
引っ越し費用節約術~引っ越し費用が高いと思ったら読むサイト~

かきあげ

かきあげは義理母に教わりました。


それまでかきあげを揚げたことがなかったのです。


おたまですくって形を整えてあげるとうまくいくと
いうことを初めて知りました。


おそばをゆでる時にかき揚げを揚げることが多かったのです。


年越しそばをゆでる時にはかき揚げは私と義理母の担当でした。


交代でかき揚げを揚げながらたくさんつくって食べました。


義理の弟たちも来ていて人数は8人いたのでたくさんかき揚げを
揚げてもすぐになくなってしまったのです。


いまでもうちでかき揚げを揚げることがあります。


おそばを食べる時にかき揚げはとてもおいしいです。


たくさん作っておいて後でたべることもできます。


とてもおいしい料理を義理母から習いました。


カフェバイト

甘かった・・・

先日息子の野球の応援に行ったら、ビックリするほど日焼けしちゃって・・・
まだ、日差しもそんなにきつくないし、大丈夫だろうなんて甘い考えがいけなかったんですね^^;
日焼け止めは塗っていったものの、帽子も持たず、日傘も持たずの私だったので
バッチリと日焼けをしてしまいました。


こうなったら集中美白ケアを頑張るしかない!!!
一番オススメなのはなにかな?
まずはクールダウンさせるためにも、美白系パック?
そして、その後は美白 化粧水でケアしつつ
乳液⇒美容液と普段のお手入れに美白関連の商品を入れれば大丈夫?
もう日焼けしてしまったから、エステとか?
あぁ、後悔しても遅いけど、しまった~と言う感じです。

母乳で悩んでる人いますか?

母乳で悩んでる人いますか?
私、くーたんが産まれるまで母乳マッサージをせっせとしていたんです。


そのおかげか、出産後はすぐに母乳がでてくれました。


でも、1ヶ月頃までは順調に母乳が出ていたのですが、1ヶ月をすぎたあたりからだんだん母乳量が少なくなってきたんです。


お医者さんからは母乳+ミルクを毎回足してねといわれていて、毎回ミルクを足していたのがよくなかったのかもしれません。


ミルクに頼りすぎて、おっぱいへの刺激が少ないと、母乳がでにくくなることがあるそうで。


なので、母乳が出るようになるとウワサのAMOMAの母乳ハーブティーを購入して飲み初めて見ました。


そしたらあら不思議、以前よりドクドクと出るようになって、なかなか張らなかったおっぱいもすぐに張るようになってきたのです!
母乳で悩んでる方、母乳ハーブティーはおすすめですよ♪
カラオケバイト

男性の色気

急な話ですけれど、男性の色気について皆さんはどんな認識を持っているのでしょうか。

女性の色気と男性の色気ってすごい違いがあると思うんですよね。

私の職場の上司にとても私達女性社員に受けのいい方がおられます。

その方はみんな色気あるよねって話をするんですが、ふとその色気って具体的には何だろうという話になりました。

ネットで調べてみると、男性の色気は声、体、考え方らしいんです。

声はやはり少し低い低温ヴォイス。

体はがっしりとしていてまるで支えてくれそうな包容力を感じさせる体つき。

考え方は男らしい振る舞いができるとか、女性を守ってくれそうな雰囲気。

って書いてありました。

言葉にすると難しいけれど、確かにその上司ってそんな色気があるんです。

まさに記事の通りの男性。

やっぱ年齢重ねていても、そんな男性ってカッコいいですよね。

自動車のモデルベース開発の歴史

モデルベース開発はここ10年位の技術だとずっと思っていました。

MATLABでいえばR13からの時代でMILシミュレーションから始まったという認識でした。


モデルベース開発入門
ただ、今言ってるモデルベース開発って言うのは自動車の制御に関するものであって、CAEを使ってものづくりをすると考えると例えばFEM使って筐体の設計に活かしたり、流体のシミュレーション使って自動車のマフラー解析したりって何年くらい前からやってるのかわからないけどたぶん10年以上前からやってたんでしょうね。


マツダに関していえば20年以上前から製品開発に活かしていたということらしい。

80年代後半のRX-7でそれをやってたんだね。

当時はまだ日本でMATLABの扱いがなかった気もしますが、それをエンジンかトランスミッションでやってたみたいです。


ただ、ここ10年でMILだけでなくリアルなものに近づいてきたのはすごいと思う。

歯医者さんか。縁が無いんだよねぇ。

歯医者さんか。

縁が無いんだよねぇ。


皆さん、こんにちは。


私は小学校2年の頃、
学校の歯科検診で、
養護の先生に黄色い紙をもらって、
こう説明されました。


「これを持って行って、
保険証と書かれている歯医者さんに行けば、
お金も要らなくて、
タダで虫歯治療してくれるよ。

」と、
養護の先生からの説明を受けて、
人生初の歯医者さんへ行く事に。


そこでは、1箇所しか、
治療しませんでしたし、
あの人が嫌がる、
ハンドグラインダーの音も、
私は嫌ではありませんでした。


むしろ、歯科治療と言う、
新しい何かにでも挑戦する様な気持ちで、
胸がワクワクしたのを覚えています。


それから私は、
歯医者さんには通わなくなったのですが、
虫歯よりも最近は、
歯槽膿漏の方が心配になって来ました。


毎日歯を磨いているのに、
歯茎から出血したり、
歯肉の辺りの色が悪かったりと、
本当に心配な毎日です。


そんな所へ、
あるニューストピックが。


歯医者が教える、
「本当の正しい歯磨きの仕方」と言う、
記事でよく読んでみるとそこには、
今まで自分が知らなかった、
歯磨きの新常識が書かれていました。


それに従って、
先程も歯を磨いてまいりました。


スッキリして、本当に気持ちが良いですね。


正しい歯磨きを知る事が出来てからは、
出血も無くなり、歯肉の色も、
回復し始めております。


これでもう、歯医者さんとは、
縁が切れて欲しいなぁと、
願う私なのでした。